多摩の霊園で見ることができる秋の草花

Posted on by

多摩の霊園では、その緑豊かさから季節の草花を楽しむことができます。秋といえばお月見ですが、秋ならではの草花を楽しめる時期です。夏のように熱くなく、冬のように寒くないので植物の観賞にはもってこいの季節です。お花見といえば春ですが、秋もピクニックがてら霊園で草花観賞をするなど軽いレジャーついでに先祖供養ができます。春と違い、どこか趣のあるキクといった草花とともに秋のそよ風を感じられます。ご先祖様の供養とともに街では見ることのできない山野草を発見できます。たとえばツリフネソウやツルニンジンなどです。街に住んでいる子供は普段こうした山の近くに生える季節の草花を見ることができません。野原だけではなく山でみかけるような草花に出会えるのが魅力です。

秋の代名詞、ススキの群生に出会える

秋といえば、ススキです。霊園のそばや行く途中でも穂が垂れている様子を眺めることができます。秋を感じさせる代表的な草花です。ススキはイネ科の多年草であり、開けていて明るい場所に生えています。乾燥した場所でもよく育ちます。風に揺られながら穂が秋の日差しで輝く様子は美しいです。これが群生となって生えている様子が見られるのが多摩です。ススキを見たら根元にも注目してみてください。ナンバンギセルという寄生植物が生えていることがあります。ハマウツボ科の植物であり、ススキの他にミョウガなどの根に寄生して養分を吸い取ります。そして紫色のキセルのような花を咲かせます。葉の部分はありません。自分で栄養を生成する必要がないからです。街ではめったに見ることのできない植物の1つです。

可憐なキクから漢方になる草花まである

多摩には漢方にもなる植物をたくさん見かけることができます。秋の花、リンドウもその一つです。リンドウ科の多年草であり、「竜胆」として知られています。根っこの部分が抗炎消薬として用いられています。薬として用いられるリンドウですが、その花は紫のきれいな筒形の花です。茎の先にいくつもの花がつくので、たくさん群生しているととても見ごたえのある草花です。キク科の植物もたくさん見かけることができます。ヤクシソウは黄色の花をたくさんつける草花で、よく道端などに生えています。ノコンギクは白い花で花を割ってみると綿毛が出てきます。リュウノウギクも白い花で紅色を有していることもあります。葉っぱを揉んでみるとキクならではの香りがしてくるので試してみてください。カントウヨメナはわりと湿り気のある場所に咲く小さなキクです。